【ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ(乃木坂)】国立新美術館でちょっと贅沢なクレーム・ブリュレはいかが?

【たしれぽ*】今回は国立新美術館3階にある
『ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ』

さんをレポします。

たし的お店紹介

  • 雰囲気(昼)

上品なフレンチレストランですが、おしゃべりが弾んでやや賑やか。

  • 値段帯(昼)

ややしっかりめなお料理のお値段です。

美術品を楽しんだ後にちょっと贅沢なランチはいかが?国立新美術館のオシャレビストロ

出典:食べログ お店からの公式写真

こちらは六本木・乃木坂にある国立新美術館の3階のビストロ(フランス語で「小さな料理店」)です。
この美術館は過去ルノワール展や、最近だとミュシャ展などをやっていて話題になりましたね。

写真の通り、お店の外装自体も逆円錐型とかなり奇抜な造りになっていて、館内も見渡せてかなり眺めが良いです。

出典:食べログ お店からの公式写真

美術館も全面ガラス張りになっているため、日差しが心地よく入ってきます。
美術品の話が弾む良いロケーション。

頼んだのは【MENU BLANC(本日のランチセット)】¥2,200(税別)です。
リエット、魚料理または肉料理、デザート、飲み物が付きます。

リエットとは?管理人も頼んで初めて知ったのですが、画像右にちょっと見えている小鉢に入った黄色いソースですね。ちょっとこってりです。バゲットに付けていただきます。

写真手前は肉料理【鶏もものコンフィ タイム風味のジュー レンズ豆とヘーゼルナッツのムースリーヌ】。
名前が長くて噛みそう。
写真奥は魚料理【メカジキのブランチャーソテー オレンジ風味のソースヴァンブラン アーティチョークのピューレ 小さなプロヴァンサル風野菜と共に】。やっぱり長い。要するにメカジキのソテーですね。
この辺は今はメニューが変更になっているようです。

上品な量で決して多くはないですが、おしゃべりしながらゆっくりとバゲットともにいただくとちゃんと満たされるんですよ。これぞフランス料理と行った感じです。

デザートのクレーム・ブリュレも華やかで満足感あり

デザートもまた見た目が華やか。手前は【“ムッシュ ポール・ボキューズ”のクレーム・ブリュレ】。奥はその時選べたケーキだったかな。(無造作におしぼりが写っちゃってるところはご容赦ください💦)

ちゃんとしたブリュレを食べるのはこのときが初めてだったのですが、表面が本当にカリッカリで美味。(てっきり焼きプリンみたいなものだと思ってた‥)
下のカスタードプリン部分も甘さがちょうどよくて、最後まで飽きずに美味しくいただけました。

2階のレストランが混んでいる割に、こちらのレストランは意外と空いていたりするので、美術館に寄った際は是非行ってみてください。

お店の情報

予約は食べログからが便利♪↓

 

他のグルメレポ一覧についてはこちらもどうぞ♪↓