【PASTA&BAR 壁の穴 そごう横浜店】生パスタ専門店の人気のパスタをいただいてみました☆゚・【チケットレストラン食事券 利用可!】

こんばんは✨
今回は華やかなイメージの大御所・横浜にあるPASTA&BAR 壁の穴 そごう横浜店をレポします🌊 もちろんチケレス使用可の店舗です🌞

たしれぽ*的 お店紹介

  • 雰囲気(夜:18時頃)

にぎやかに近い

ご婦人グループ、カップル、お子様連れなど、客層は多種多様で賑やかめでした。

  • 値段帯(夜)

平均予算2,000円から2,999円まで

一般的なイタリアンのお店のお値段です。

横浜駅徒歩5分、そごう10階にある生パスタ専門店

横浜駅近くで時間を潰そうと思い、お店を探していた際に見つけたお店、『壁の穴』。
第一印象はおもしろい名前だな、ということ。管理人は聞いたことがなかったのですが、昭和28年創業で、パスタ店としてのみならず日本の洋食チェーンとしてもかなり老舗のよう。

ちなみに店名の由来は、シェイクスピアの『真夏の夜の夢』に出てくる「ホール・イン・ザ・ウォール」。恋人同士が壁の穴を通して囁き合うシーンがあり、そこから壁の穴=「障害を乗り越えて心を通じ合うために存在するもの」と捉え、この壁の穴のようにお客様と心を通じ合わせたいという気持ちが込められているのだそうです。
そんな深い意味が込められていたとは‥‥!おもしろいとか言ってすみません‥‥!

お店のジャンルは生パスタ専門店。お客さんのニーズに合わせて、これまでに納豆、たらこ、うに、果てはミートソース目玉焼きのせなんてものまで、様々な食材を使ってユニークな日本風パスタを作ってきたとのこと。楽しみ!

日曜夕方のそごう前はショッピングや待ち合わせの人たちでたくさん。賑わってます。クリスマスのために彩られたイルミネーションが綺麗です。
ちなみにこの日、管理人も好きなミュシャの展示『ミュシャ展 運命の女たち』も6階のそごう美術館で開かれていたようで、ポスターもいくつか見つけました。見たかったー!

お店があるのはそごうの10階、『ダイニングパーク横浜』の中。レストラン街になっています。
ここは以前も通りすがりで来たことがあるのですが、天井がステンドグラスのようで綺麗。パーク内の至るところにある休憩スペースも、それぞれ飾り付けがしてあって居心地が良いんですよね。

ちなみに、このフロアには他にもたくさんチケレスが使える店舗がありますが、その中のひとつ『カフェレルブ』さんは既に店舗が変わられてしまっているとのことで、チケレスも使えなくなっていたため注意!

壁の穴は、パーク内Cゾーンのやや奥の方にあります。

半オープンスタイルになっていて、奥へ縦長になっています。ボトルを重ねてライトアップした照明がオシャレ。座席の総数は29席で、中規模くらいの大きさの店舗です。 

店に入るとすぐ右側にカウンター席が10席ほどあります。ひとりでも気軽に入りやすい雰囲気です。

実際に客層も幅広く、カップルやご婦人で楽しくおしゃべりにいらしている方たち、子ども連れのご家族も数組いらしてました。パーク内には結構高級な印象を持つ外観のお店が多い中で、お子さんがいても比較的入りやすいカジュアルな雰囲気だからかも。 

こちらはソファーと椅子のテーブル席。ワインボトルやクリスマスオーナメントでオシャレに飾られています。今回はパートナーさんがいたので、こちらの席に座りました。テーブル席側からもカウンター奥のキッチンで調理しているコックさんたちの姿が見え、臨場感があります。

さすがの生パスタ専門店。何十種類もパスタがあって迷ってしまいます

メニューにはたくさんの種類のパスタが並んでいます。生パスタの種類だけでもスパゲッティ、タリオリーニ、タリアテッレなど全5種類。

管理人にはもう「たりおり‥‥?」「てっれ‥‥?」と何がなんだかわからず‥‥!!ちなみにタリオリーニは蕎麦状で平打ちパスタの中では一番細く、食べると噛みごたえのあるタイプ。対してタリアテッレはリボン状で、シコシコとした歯ごたえが特徴なんだそう!うーんやっぱり実際に見て食べてみないとわからないですね😋

まずは飲み物をチョイス。桃のカクテルというキャッチフレーズに惹かれ、【ベリーニ】¥630を頼んでみました。

パスタにはタリアテッレである【いろいろなきの子とフンギセッキポルチーニ】¥1,550(税抜)を選択。パートナーさんは店内でも人気の生パスタ、【若者のアイドル】¥1,350(税抜)を選んでいました。名前が秀逸。

また、パスタだけでなくワインや前菜盛り合わせなども豊富だったので、試しに【プロシュートミスト2種盛り】¥800(税抜)も注文してみました。ここで注文を受けてくれた店員さんが、4種類のプロシュートから2種類選べますとプロシュートを順に説明してくれたのですが、何が何やら全くわからなかった´;ω;`)ので、とりあえず聞き取れたピスタチオ(これも曖昧ですが、多分ナッツの種類だったはず)入りのものと、普通のプロシュートでお願いしました。

注文3分ほどでまずはベリーニが到着!まぁるいグラスで出てきました。綺麗な薄ピンク色‥‥。

甘くて少しだけ炭酸が効いていて、めっちゃ飲みやすいです。管理人は空きっ腹にどんどん飲んでしまって、やや酔ってしまいました。 

次いですぐにプロシュートの盛り合わせ2種も到着!奥がナッツの方だったと思います。ごめんなさい味の違いはよくわからなかった‥‥!けど食べやすくてワインに合っていてどんどん食べられておいしかったです‥‥!

華やかな見た目と日本人の口に合うパスタの数々!

そして5分ほどでパスタも到着!まずはパートナーさんの頼んだ”若者のアイドルさん”の登場です。

具だくさんで色味も華やか!ベーコン、ソーセージ、しめじ、椎茸、トマト、パプリカなどが入った醤油風味のパスタです。

量もそれなりのもよう。前菜とお酒もあったので女性は結構お腹いっぱいになれそうです。パートナーさんはまだ余裕ありそうだったな。

そして遅れて管理人の頼んだ”きの子さん”も登場!

きのこがたっぷり🍄✨ 何が何だかわからないままきのこという名前だけで頼んだけど、この形状の麺は食感が好きだったからうれしい!

とにかく麺のコシコシ感が良い。太麺だからか麺の粉の味もよく感じられて、おいしいです。
そしてなんといってもこのきのこ、ポルチーニの風味が豊か。そもそも調べてみたら、世界三大きのこのひとつなんですね。やはり管理人は初めて聞きましたが‥‥。量もちょうどよく、管理人は前菜込みでちょうどお腹いっぱいになれました。

お店の紹介に偽りのない日本人の口に合う食べやすいパスタたちでした。

〈ちょっとひといき〉ボージョレ・ヌーボー、今年も解禁してます。

毎年何かと話題になるボージョレ・ヌーボー。壁には先日解禁されたこのワインのポスターもありました。実は飲んだことないので気になったのですが、今回はその横のベリーニの存在感に持っていかれた感‥‥!いつかこちらも飲んでみたいな。

 

他のチケットレストランが使えるお店についてはこちらもどうぞ↓